二重の整形をするなら口コミ情報をチェック【魅力的な瞳】

二重形成術で魅力的な目元

医師

口コミ人気が高い二重のプチ整形

魅力的な深みのある目元を作る方法として、一重まぶたの女性の多くは普段からアイメイクの一環としてアイプチやアイテープを活用して擬似的な二重まぶたを作っている方は少なくありません。昔に比べてより自然な目元に仕上げることが出来るアイテムが増えてきていますが、雨や汗で顔が塗れてしまった時に二重まぶたが取れてしまったり、すっぴんの時に一重まぶたのままなので常にきれいな目元のラインを作る方法はないかと悩んでいる方は少なくありません。またアイプチやテープを使用する際に、事前にプッシャーを利用してまぶたのラインを形成しますが慣れないうちはデリケートなまぶたの皮膚にプッシャーをぐいぐい押し付けてしまい、柔らかい皮膚の部分に小さな小じわがついてしまったという肌トラブルも起こる可能性が高いですし、毎日使用することでまぶたの皮膚がたるみやすくなる危険もあります。肌への負担を少しでも減らす方法として若い女性を中心にクチコミ人気が高くなってきているのが、美容整形外科で施術が可能な二重の形成術です。美容整形外科で受ける施術というと大掛かりな手術を行う必要があるとイメージしがちですが、口コミ人気が高くなっているのは日帰りで受けられるプチ整形で、切開を行う必要がなく特殊な糸をまぶたに埋め込むことで二重のラインを形成する「埋没法」と呼ばれる施術です。埋没法は従来の切開術に比べて施術時間が最短で約15分と短く、埋め込む部位も1〜3ヶ所と少ないので肌への負担が少ないのも大きな特徴です。通常切開術で二重まぶたを形成するとダウンタイムの症状が改善するまで約一週間はかかりましたが、埋没法は腫れや痛みなどのダウンタイムは起こりにくく、翌日からメイクや洗顔を行うことが出来るので、周りにプチ整形を受けたことがバレにくいことも口コミ人気の理由となっています。埋没法は切開法とは異なり糸でまぶたをとめているだけなので半永久的な効果はありませんが、一度施術を行うことで普段通りに生活をしていれば外れることはまずありません。またクリニックによっては万が一二重まぶたのラインが外れてしまった場合に合わせて、再度施術を行ってくれる保証サービスをコースに盛り込んでいる美容整形外科も増えてきているので、初めてプチ整形を受けるという方にも安心です。肌への負担が少ない施術とはいえ、皮膚に直接糸を埋め込むことから実績や経験が豊富な医師がいる美容整形外科を選ぶことがポイントとなるので、口コミを参考にクリニック選びを行うことをおすすめします。

Back to Top